2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「うさぴょん2’」公開しました。 | トップページ | 結局「うさぴょん2’TURBO」でWCSC27に参加します »

2016年12月14日 (水)

今年の振り返り

「コンピュータ将棋 Advent Calendar 2016」へのリンクはこちら。
http://www.adventar.org/calendars/1457
この記事は、コンピュータ将棋Advent Calendar 2016の12/14の分となります。

さて、今年は、ついに「うさぴょん」と「さようなら」をした年になりました。「うさぴょん」は、前向き枝刈をするオールドスタイルのプログラムでしたし、設計思想は2001年頃のままでしたので、結構長生きをしたのではないかと思います。

うさぴょんを全幅探索型にする事や、学習部を書いて3駒関係などを持ち込む事も考えないではなかったのですが、局面の「更新」の関数が相当重い処理になっていました(利きの管理や、各駒ごとの交換値の管理などをしていました)ので、これをベースにして全幅探索するのはさすがに無理がありそうで、断念しました。なお、「うさぴょん」の合法手生成+手の評価は、実は結構「強力」で、駒がぶつかり合って以降は、並び替えた後の一手目の候補手が、プロ棋士の棋譜との一致率が90%近くになります。(ちょっと自慢してみましたw)

「うさぴょん2」以降、コードのベースは、「かず@なのは」さん作成の「なのはmini」に乗り換えましたので、かつて私の作成した「れさぴょん」を使って参加していた「かず@なのは」さんと、使用しているライブラリの親子関係が入れ替わった形になります。

この事を指して、師弟関係が入れ替わったとTweetしたかも知れません(苦笑)。

また、どうせ一つでもライブラリを使うのなら、ライブラリ登録されているものは使い倒す、という方針で今年は開発を進めて行きました。そのため、選手権では、「うさぴょん2」で参加し、「なのはmini」をベースにした探索部(ただし、2016年1月頃のStockFishの技法を取り入れました)、合法手生成部、局面の評価には「大樹の枝(Apery)」の評価バイナリを使い、決勝リーグへと初進出(決勝リーグで全敗w)を果たしました。

そして、電王戦トーナメントでの「うさぴょん2’」では、「なのはmini」ベースにした探索部(2016年9月頃のStockFishの技法を取り入れ)、合法手生成部、「Apery」ベースの評価バイナリを「やねうら王」をベースにした学習部で強化するという、「夢の3ライブラリ合体!」を果たしましたが、評価バイナリは、完全に「浮かむ瀬」や「やねうら王」に負けてましたね…。電王戦トーナメントの結果も、決勝進出したものの、決勝一回戦で「やねうら王」に(順当に?)負ける結果になりました。途中まで結構いい勝負(やや有利)だったと思うんですが…

今年は決勝までは行けるものの、そこが限界、だったように思います。でも、盤の構造がBitBoardでなくて配列型であっても、「まだ戦える」ことは示せたのではないかなーとか勝手に思っております。

今年は「巨人の肩」に乗ってみて、そうか、こうなるのか…と体験を出来た年になりました。こういう景色をトップランナーは見ているのだな、と…。非常に良い体験になりました。

で、来年ですが…ライブラリ不使用で、「うさぴょん3」を開発して参加したいな、と考えておりますが、10月末頃から仕事が非常に忙しくて、「うさぴょん3」の骨格も出来ていないというか、基本設計も出来てない状態です。「うさぴょん2’TURBO」なんていう名前で参加していたら、またライブラリ使用してるのか、と考えて頂いて問題ありませんw

末筆ながら「巨人の肩」を貸して頂いた皆様に感謝を。

« 「うさぴょん2’」公開しました。 | トップページ | 結局「うさぴょん2’TURBO」でWCSC27に参加します »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

Java将棋のアルゴリズム[改訂版]を購入しました。
C言語版も持っています。
工学社のサポートに電子書籍化を要望しましたよ。

…勝手に?C言語版はHTML化して公開してしまったからなぁ…。

この先どうなるのか、果たして電子書籍化はあるのか、私にも分かりません(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/64625927

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の振り返り:

« 「うさぴょん2’」公開しました。 | トップページ | 結局「うさぴょん2’TURBO」でWCSC27に参加します »

コンピュータ将棋BOOKS