2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GTPが検索キーワードになってるみたいなので。 | トップページ | 超久しぶりに更新 »

2008年10月11日 (土)

惜しい(w

A級リーグ指し手1号さんのブログより。

企画書 「ASIC化で名人に勝てまっせ!どないです、一口乗りまへんか旦那?」

を見ての最初の感想。

・ASIC化しても私が思ってるほどクロックがあがらない。

・並列化は思ってるより思いっ切り出来る

・でも、並列化の粒度を下げると通信コストが馬鹿にならないので、バス間の通信はあっても、ボード間の通信はほとんどなしにするか、粒度を上げないといけない。

・上記のことを考えると、「0.75乗仮説」は楽観的では?

…というところで、「500万で名人に勝てるかも知れない」なら、死ぬ気で二年位働いてお金を積むんですけどねぇ(--; 惜しい。

500万で選手権優勝できるかも知れないだとさすがにちょっとなぁ。

大学の研究室で500万のお金を動かすのも結構大変だと思うので、なかなか予算としてぶちあげるのも難しそうな気がします…。どこかFPGA/ASICに興味のある、お金持ちの研究室はいねがー?

とここまでが最初の感想。

次に、妄想(苦笑)。

そもそも、500万あれば、まるまる半年仕事休めるので(w、自分でも選手権優勝「できるかも知れない」ような気がしてきた(w

というわけで、過去の経歴から試算してみましょうか。

「鈴木将棋」→「うさぴょん」で参加の時には大体3ヶ月注ぎ込んで、コンピュータ将棋の進歩4のレーティング表を見ると、500点の増加。

…あれ?

大胆に、かけた時間に比例してRが増加するという仮定を持ち込むと、半年仕事を休んだ場合に伸びるRは1000。うさぴょんからR1000点のびたら優勝…できるなぁ(--; 

 <いや、仮定(かけた時間に比例してRが増加する)が明らかに無理です。

« GTPが検索キーワードになってるみたいなので。 | トップページ | 超久しぶりに更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当に羽生名人に勝てるソフトができるんでしたら500万出します。できなかったら首をつりますか?その覚悟があれば喜んで出します。

仮に来年の選手権に優勝した位では、羽生さんにはまだ勝てないですね。

とりあえず、3年後位まで取っておいていただければ、首を吊る覚悟でやるかどうか決めさせていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい(w:

« GTPが検索キーワードになってるみたいなので。 | トップページ | 超久しぶりに更新 »

コンピュータ将棋BOOKS