2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 速度はそのままで、精度を75%位まで高めてみたけど | トップページ | とりあえず、先手番と後手番と両方指し手の生成が出来るようになりました。 »

2004年7月31日 (土)

バグ見っけ。

やっと評価関数のバグを見つけた。見つけてみると下らないバグで、配列の大きさの宣言を間違えていたために、レンジ外をアクセスして、でたらめな値を取ってきていた。
そりゃぁ挙動もメチャクチャになるわ。しかし、良く暴走しなかったなぁ…(笑)。もっとも、暴走してくれればもっと発見しやすかったと思うけれども。
これで、うさぴょんv1.5とりあえず完成。
これで、v2.0への道は、
・v1.0は先手番でしか考えられないので、手番が変わるたびに一々盤面をひっくり返しているのをやめること。
・上に関連して、後手駒の動きのインプリメントを変更すること。
です。

« 速度はそのままで、精度を75%位まで高めてみたけど | トップページ | とりあえず、先手番と後手番と両方指し手の生成が出来るようになりました。 »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620628

この記事へのトラックバック一覧です: バグ見っけ。:

« 速度はそのままで、精度を75%位まで高めてみたけど | トップページ | とりあえず、先手番と後手番と両方指し手の生成が出来るようになりました。 »

コンピュータ将棋BOOKS