2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« うあちゃ、レベル調整失敗してる | トップページ | 週刊将棋にURLが載って、将棋タウンからリンクされて、 »

2003年7月21日 (月)

いろいろ

先週、CSAの例会で発表してきた。

内容は、指し手の逐次生成について。

正直、データ取りがまだ不足しているので、もう少しデータを取ってみないといけない。
それから、PowerPointで資料を作成したのだが、これを誰でも読める形にして、サイトに置いておきたい。単純にGIF画像にすると、文字の情報が失われていやだしなぁ。

この例会の時に、YSSの発表の際に、手生成のところで、IS将棋の棚瀬さんの話(ツッコミ?)がちょっとあったのだが、考えていることがかなり似ていて、面白かった。

その路線で進めている「うさぴょん」の改造がうまく行ったら、情報公開するネタになりうると思う。

今週は、秋葉原でノートパソコンを買ってきた。
色々と迷っていたのだが、結局キーの配列の好みの問題で、VAIO TRになった。私は、プログラムを書く時にも、文章を書く時にもかなりカーソルキーを激しく使うので、カーソルキーが小さい機種はキライなのだ。…ほんとは、Let'sNoteのカーソルキーの大きいのが欲しい(泣)。

VAIO TRにも採用されている、Pentium-Mプロセッサは、PentiumIIIコアに改良を加えたもののようなので、将棋プログラム的にはかなり高性能を期待できるのだが、計測してみたら、これが予想を(少しだけど)上回る高性能。
900MHzのPentium-Mプロセッサが、1.8~2.0GHzのPentium4と同じくらいの性能なのだ。私の事前予想では、1.6~1.8GHzくらいかな、と思ってたんだけど。Pentium-Mの1.3GHzとか1.6GHzのやつって、3.0GHzのPentium4より早いんじゃないか?(ただし、将棋プログラム限定。)

Pentium-Mの2.0GHzで、Dualで動く、なんていうのが出来ると、将棋プログラマとしてはかなり幸せなのだが。

« うあちゃ、レベル調整失敗してる | トップページ | 週刊将棋にURLが載って、将棋タウンからリンクされて、 »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620592

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ:

« うあちゃ、レベル調整失敗してる | トップページ | 週刊将棋にURLが載って、将棋タウンからリンクされて、 »

コンピュータ将棋BOOKS