2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今度は熱出して倒れた(--; | トップページ | 今度は風邪引き »

2002年9月21日 (土)

ありがとう、1000ダウンロード

2002年CSA参加版うさぴょんのバイナリ版のダウンロード回数が1000回を超えました。

楽しんでいただけているといいんですが。ちなみに、今ダウンロードするなら、夏のβ版の方がオススメです。(通信機能がありませんが、普通は使わないでしょう…。)

ソースの方も、もうじき400ダウンロードに届きそうです。…って、将棋プログラムを作ろうと思う人が全国に400人も居るってことですか??まぁ、でも、そのうち、300人くらいは、ソースの汚さに閉口して捨ててしまったのではないかと思います(^^;

さて、最近、新たにコンピュータ将棋に関するページが立ち上がっています。

そこでは、うさぴょんの棋力は、1級ということになっています。

ちなみに、
・Xeon2.0GHzをDualで十分に冷却して使う
・メモリは高いけどRDRAMを使う
・うさぴょんに1手最大40秒考えさせてあげる
・人間も25分切れ負け(笑)
・うさぴょんに、大会用の定跡を入れてあげる
とどうにか実力で「弱い2段」くらいあるようですが、

・PentiumIII 1GHzを使う
・メモリは普通のSDRAM
・うさぴょんは1手最大15秒
・人間はいくらでも考える
・定跡は、配布しているやつ
だと、甘めにみて初段くらいでしょうか。1級はなかなかいいとこだと思います。

なお、PentiumIVで、冷却の甘いマシンだと、PentiumIIIの1GHzよりも動作が遅くなる(30%減くらい)という困った現象が現在確認されております。
また、うさぴょんの場合、PentiumIV1.4GHzで、大体PentiumIII 1GHzと実行速度が変わらないようです。
無駄にクロックばかり高くしないで、処理速度もきちんと上げて欲しいものです。

« 今度は熱出して倒れた(--; | トップページ | 今度は風邪引き »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620541

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、1000ダウンロード:

« 今度は熱出して倒れた(--; | トップページ | 今度は風邪引き »

コンピュータ将棋BOOKS