2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« すごく久しぶりに改良しました | トップページ | マシンがもどってきました »

2002年2月 6日 (水)

改造大失敗(^^;

指し手の評価値を見て、評価値が高い手は深く読むような仕掛けを作り込んでみました。

これで、深く読んで欲しい変化を深く読み、あまり読まないでもいいような変化は読みが浅くなるはずだったのですが…

結果は大失敗。

評価値の高い手がいっぱい出てくるような忙しい局面では、指し手の評価値を基準にして、前向きに枝刈りした後に残した「全部の手」が評価値が高く、その全部の手を深く読もうとするので、読んで欲しい手を深く読むようにはなりませんでした(^^;

うーん、例えば、前向き枝刈りを行った後、実際に読みにまわす指し手の評価値に対して、「偏差値」を計算して、深さをコントロールすればいいのかなぁ。

« すごく久しぶりに改良しました | トップページ | マシンがもどってきました »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620475

この記事へのトラックバック一覧です: 改造大失敗(^^;:

« すごく久しぶりに改良しました | トップページ | マシンがもどってきました »

コンピュータ将棋BOOKS