2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« CPUが届きました | トップページ | 少しは前向きに »

2002年1月15日 (火)

遅い…

ベンチマークを取ってみました。

あまり速くないです(^^;;

まず、山下さんの配っている、YSSベンチ?の結果から行きます。

http://plaza15.mbn.or.jp/~yss/bench.html

からダウンロードしたものを実行したら、24.5秒かかりました。
これは、Athlonの1.2GHzとほぼ同じ数値です。

次に、悪乗りして、4つ一度に動かします。
結果は、39.2秒、39.4秒、39.7秒、39.8秒でした。

次に、2ついっぺんに動かしてみます。
結果は、27.8秒と27.6秒です。

メモリがボトルネックになっている可能性もありますが、4つ一度に動かすと、かなり性能が低下するようです。やはり、仮想4CPUなのであって、物理的には2つしかないので、こんなもんでしょうか。

さて、マルチスレッド対応の鈴木将棋2000年版でもベンチマークしてみましょう。

PentiumIII 933 Dual Thread数2
64.1秒

Xeon2.0A Dual(Virtual 4CPU,Thread数4)
43.5秒

4CPUをフルに使おうとすると、物理的に1つのCPUで動いている、仮想CPU同士で競合を起こす可能性があるので、2CPUだけ使うほうが速いかもしれませんので、それもベンチをとってみました。

Xeon2.0A Dual(Virtual 4CPU,Thread数2)
44.7秒

むぅ。ちょっとだけ余分に時間がかかりました。

ついでに、スレッド数を1つに限ってしまった場合の結果です。

PentiumIII 933 Dual Thread数 1
143.4秒

Xeon2.0A Dual(Virtual 4CPU,Thread数 1)
103.5秒

…何故か2倍以上遅いです(--;;
#何かプログラムにバグがあるのかもしれません。

つまるところ、Xeon2.0Aは、PentiumIII933MHzの1.5倍くらいしか将棋プログラムでは速くない、ということでしょうか。


Thread数4で実行しているときのCPU使用率が、75%~90%くらいでウロウロして、100%に張り付かない(2CPUのマシンで、Thread数2で実行すると、100%に張り付く)ので、仮想4CPUを使いこなすプログラムを書くと、もう少し効率が上がるかもしれません。

今のところ、CPU単体のパワーアップと、マルチスレッド化で、うさぴょんの実行速度が3倍くらいになるかなぁ、という感じでしょうか。

…うーん、旬のうちに、今すぐ割と高値で売り払って、Athlon Dualにしようかなぁ…。

« CPUが届きました | トップページ | 少しは前向きに »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620468

この記事へのトラックバック一覧です: 遅い…:

« CPUが届きました | トップページ | 少しは前向きに »

コンピュータ将棋BOOKS