2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 遅い… | トップページ | HyperThreadingによる性能向上 »

2002年1月16日 (水)

少しは前向きに

前向きに考えると、現在のマシンは、YSSのベンチを4並列で40秒で実行し終えることが出来るわけです。

これは、ものすごーく大雑把に言うと、4問を40秒で解くことが出来ると考えてよいわけです。

一方、おそらく、Athlonの最速モデルを用いた場合、YSSのベンチは20秒くらい。で、この最速AthlonをDualにした場合には、2並列で解くことができ、20秒で2問、40秒で4問を解くことが出来る、と考えられます。

40秒で4問を解く、という意味では同等、ともいえるわけで、

つまり、今のマシンでもうまくプログラムを組めれば、Athlon最速Dualと同等の性能が出せる…かもしれない…かなぁ。

« 遅い… | トップページ | HyperThreadingによる性能向上 »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620469

この記事へのトラックバック一覧です: 少しは前向きに:

« 遅い… | トップページ | HyperThreadingによる性能向上 »

コンピュータ将棋BOOKS