2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« HyperThreadingによる性能向上 | トップページ | 新しいマシンがとんだ?? »

2002年1月19日 (土)

やっぱり速いぞAthlon

奈良将棋の作者の奈良さんが、AthlonXP1900+というなかなかハイスペックなマシンを買ったそうなので、鈴木将棋2000年版で、ベンチマークをやってもらいました。

結果は…73.8秒!

Xeon2.0Aでは、103.5秒、PentiumIII933では143.4秒でしたから、PentiumIII 933のほぼ二倍の速度が出ており、1.4倍程度しか出ないXeon2.0GHzなどメじゃない、って感じです。

AthlonMP2000+のDualなら、32秒くらいのタイムが出るのではないでしょうか。

Xeon2.0GHzのDualでは、43.5秒でしたので、1.5倍近く速いことになります。

うーーん、どうしよう。

大会で使うことを考えると、安定度なら、Xeon2.0GHzの方がいいんだよねぇ。Athlon Dualだと放熱の問題が出てくるし…

でも、速度の差が…うーーーーん。

« HyperThreadingによる性能向上 | トップページ | 新しいマシンがとんだ?? »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620471

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり速いぞAthlon:

« HyperThreadingによる性能向上 | トップページ | 新しいマシンがとんだ?? »

コンピュータ将棋BOOKS