2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日記を移しました。 | トップページ | 大会用のマシンどうしようかな »

2001年12月24日 (月)

最近のうさぴょん

1手10秒でAI将棋2002の奨励会モードに相手をしてもらっています。
うさぴょんは、駒落ちは指すことが出来ないので、設定で、1級差までの相手にしかあたらないようにしてます。

で、今、2級まで行きました。(私本人は同じ設定で4級くらいしか行かないので、うさぴょんの方が10秒で指しても私より2級も強いわけですな…)

大会用にチューニングした定跡と、大会用すぺしゃるマシンを使って、大会用の時間調整で戦えば、どうにか奨励会初段くらいは行くのかもしれないなー、という感じですね。
それから、柿木将棋V相手にも対戦を重ねていて、(大会用フルチューニングバージョンでしかやっていないのですが)Level7(最高レベル)を相手にして、今のところ4勝6敗と、予定以上に良い成績を出しています。

もっとも、柿木将棋の弱点?にうまくはまった定跡でしか勝てないような感じが強いので、実際に対戦を重ねると、おそらく2割くらいしか勝てないものと推測しています。ましてや、大会では、柿木さんも苦手な定跡には持ち込まないようにチューニングしてくることでしょうから、勝てる可能性は1割もないでしょう。

でも、一回くらいは市販の有名プログラムに大会で勝ってみたいですね。

« 日記を移しました。 | トップページ | 大会用のマシンどうしようかな »

「うさぴょん」開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148072/6620455

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のうさぴょん:

« 日記を移しました。 | トップページ | 大会用のマシンどうしようかな »

コンピュータ将棋BOOKS