2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年7月31日 (日)

電王戦トーナメントに参加するつもりです。

電王戦トーナメントに参加するつもりです。

今のままだと入賞は出来ないと思いますが、学習用のマシンを「やねうら王」さんから特価?で分けて貰えることになりましたので、がっつり学習で効果を上げたいと思います。

一応、

  • StockFish7の最新のソースを追いかけて実装する
  • 学習を回す(最初は小規模から、効果を見ながら大規模学習へ移行予定)
  • プログラムの高速化(nps10~20%位上がるといいな…)

を「うさぴょん2」に対して行い、「うさぴょん2’(うさぴょんツーダッシュ)」で参加するつもりです。

どうにかしてR200位上がれば、ギリギリ5位には入れるイメージなのですが…どうなることやら…(苦笑)。

2016年5月20日 (金)

第26回世界コンピュータ将棋選手権+αのバージョンを公開しました。

表題のとおり、第26回世界コンピュータ将棋選手権で使用したバージョンのプログラムに、ちゃんと投了するような処理を加えた「うさぴょん2」を公開しました。

http://usapyon.game.coocan.jp/usapyon2/

から必要なEXE、定跡、評価バイナリ等のダウンロードが出来ます。

大会で使った定跡はどうしようか迷った末に、公開しない方針にしました。

定跡をがっつり編集して序盤で優位に立つ戦い方をされるとかなり辛いことが分かりましたので…。

とは言え、来年の選手権で同じ定跡を使うかどうかもまだ全く未定(そもそも参加するのかどうかも未定)なのですが、まぁ今の定跡なら時々振り飛車も指すし、一方選手権バージョンは完全に自分から飛車を振る振り飛車を取り除いていたりするので…。

2016年5月10日 (火)

第26回世界コンピュータ将棋選手権に参加して来ました。

題名の通り、第26回世界コンピュータ将棋選手権に参加して来ました。

色々運が良くて、決勝リーグ進出(だけど決勝リーグで全敗)という結果になりました。

どの辺が運が良かったかと考えている所は、いくつかあるのですが、今日はそのマトメを書くには時間が少な過ぎです。

大会版(にちょっとバグフィックスしたバージョン)は早ければ今週の日曜日(2016年5月15日)に公開できるかと思います。(より具体的には、ちゃんと合法手がない局面で変な手を返さずに投了する「だけ」の簡単なハズのバグフィックスです…。)

公開場所は、
になります。

そちらのページから、GitHubでソースコードを公開している所へのリンクもありますので、ソースコードを見たい方はGitHubでどうぞご覧下さい。

とりあえず、今現在は、すごく調子が悪くなってしまった執筆用・開発用のマシンのHDDの復旧作業をやっております…。この作業、いつ終わるのか正直分かりません(--;

(10:30現在、復旧作業を始めてから5時間ほど経過中です)

決勝リーグ進出については、
「ごめんなさい。こういうときどんな顔すればいいかわからないの」
「笑えばいいと思うよ」
っていうような感じです…。全然実感が湧かなくて、フワフワしております…。

p.s.
前述の10:30から15分ほど経過いたしましたが…
ドライブのスキャンおよび修復中 11%完了しました
という表示からいっこうに進む気配がないようです…。
なお、一応読み込みできるデータは別HDDに移動しています。

2015年5月13日 (水)

挫折…

「うさぴょん」の「第25回世界コンピュータ将棋選手権版」の32bit化が全く上手く行ってません。

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

原因もさっぱり分からず。デバッグモードでビルドすると動くし。<それで止まってくれれば止まる場所は容易に分かるのですが。

一応、シンボルファイルやmapファイルなど作りまして、止まる場所がどこかは見つけました。
が、「そこで止まるってありえないw(゚o゚)w」
と言うわけで、半ば32bit版のリリースは諦めました…。仕事がヒマになると思われる夏から秋頃にかけて、再び32bit版をリリースできるように努力します。


ちなみに、公開している64bit版は、Windows8/Windows8.1の64bit版でも「通信対局」をしなければ動く…らしいです。(ユーザーの方からの報告による情報です。私はWindows8系のマシンは持っていないので再現実験が出来ません…。)
Windows8系の64bit版OSで動いたら、コメント欄にてご報告していただけると助かります。

2015年5月 8日 (金)

第25回コンピュータ将棋選手権で使ったバイナリを公開しました。

「うさぴょん」の第25回コンピュータ将棋選手権で使ったバイナリを公開しました。

そこそこ強力なマシンを用いていたのに一次予選を4勝3敗で落ちているので、強さはまぁその程度だと思って下さい。

例によって、http://homepage1.nifty.com/Ike/usapyon/download.html から持って行って下さい。

今回のバイナリは、Windows7 64bit版でしかおそらく動かないかと思います。時間に余裕が出来れば、今週末あたりに多分ほとんどのWindowsマシンで動くと思われる32bit版を公開します。

8並列とか6並列での動作時に多分以前のバイナリーより早くなっていると思いますが、4並列とか2並列ではほとんど差は無いものと思います。しかも、usapyon.iniを編集しないと1スレッドしか使いません。

2014年11月 6日 (木)

『うさぴょん改?』仮公開しました

うさぴょん改? で?マークをつけてるのは、『結局何も間に合わなかった』から、です。

そんな『うさぴょん』ですが、とりあえず、大会で使ったバイナリーを公開しました。

で、仮公開にしたのは、以下のような理由がありまして…

思考時間の設定は出来ません。設定しても無視して、15分+秒読み10秒の電王戦一次予選と同じ時間の使い方をします。それでもよろしければ、遊んでやって下さい。なお、人間側には時間切れとかありません。公開先はうさぴょんのダウンロードページです。
日曜日あたりに、思考時間を設定できるバージョンを『本公開』する予定なので、そちらをお待ち下さっても構わないかと思います。

2014年11月 3日 (月)

うさぴょんは「うさぴょん改」になれなかったけれども

電王戦に参加してきました。

『うさぴょん改』という名前で出ていたものの、結局『うさぴょん』のまま、しかも64ビットモードじゃなくて32ビットモードでしかWindows8.1の上では動かなかったりして、多分いつぞやの選手権に最後に出た時よりも、若干弱くなっているでしょう。
あ、電王戦では手持ちのPCよりもハードウェア性能があがっていたんで、電王戦に限れば『うさぴょん』の選手権版よりも強かったかも知れません。
(直接対局させれば分かるんですが、電王戦用のハードはちょっとお高い(それでも、欲しいけど…)ので、普段のPCと対局させることはちょっと無理です。)
で、結果は4勝4敗で25チーム中16位。
実力通りの結果と言えそうです。
ブログ側に準備出来るかどうか分からないんですが、棋譜for Flashを使って、8試合の模様を公開するつもりです。
しかし、色々下手っぴなところが負けた将棋では随所に出ていた感じがして仕方ありません。
学習が上手く行ってると思ったところが「過学習」を起こしていて、結局0から学習を再開したり、0から学習したのは何かfloodgateで成績が下がっていたり、色々ありましたけれども…。
結局全て私の実力不足です!

2014年9月26日 (金)

電王戦に参加します

ネタも何もないまま放置気味の当ブログですが、久し振りのネタ投下。

電王戦に参加するつもりです。
果たしてうさぴょんの改良は期日までに間に合うのか?

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

昨年は「うさぴょん」「ねこにゃ」のソースコードに一度も触ることが出来ませんでした。
うさぴょん2の構想だけはあるんですけれどもね。
忙しくなったというよりも、情熱が少し冷めた、そんな感じなのです。後、病気の方がちょっと…。具合がイマイチだったり。
そんなこんなですが、今年もよろしくお願い致します。
うさぴょんのソースコードに触る気になったら、とりあえず15分切れ負け設定でいつも動いてしまうというバグ(floodgate用の仕様)を取って、『うさぴょんファイナル』として公開します。あぁ、4コアよりもコアが多いマシンで動かないだろうと言うバグも取っておかないとなぁ。「手抜きで」4コアまでしか対応しない方向で(苦笑)。

2012年12月18日 (火)

会長死去。

将棋連盟の米長邦雄会長が死去されました、というニュースを見ました。

VSボンクラーズ戦が私の見た最後の米長将棋になりました。本気で勝ちに来た将棋。批判はあろうけれども、二手目6二玉。そこからの入玉狙いの駒組み。
惜しい人を亡くしました。
一方で、生前に『やっちゃった』コトは批判せざるを得ないものもありましたが(苦笑)。LPSA問題は有名かな…。著作権違反はあまり有名じゃないかな…。著作権の方は私も少しだけ関わり合いになりました。
そういった問題もある人でしたが、今は素直にご冥福をお祈りいたします。
ところで、複数個所からニュースになってたから、誤報じゃないよね?

«あけましておめでとうございます。

コンピュータ将棋BOOKS